写真と文具

写真多め、文具ほどほど

新年

新年もう半月がたちましたが、あけましておめでとうございます。

新年は出かけたり風邪をひいたりとすでに初〇〇をたくさん経て少し落ち着こうとしているころになりました。

 

aotataoa.hatenablog.com

 

昨年は全然読書をしない年になってしまったので今年は少しでも多く読めれば良いかな。

 

昨年は14冊。

 

今年は早速5冊併読を試している。

 

2017年の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:3865
ナイス数:563

町撮りアート写真ブック (玄光社MOOK)町撮りアート写真ブック (玄光社MOOK)感想
★★★★☆
読了日:12月07日 著者:丹野清志
教団X (集英社文庫)教団X (集英社文庫)感想
★★★★☆ 光と闇の小説(あとがき談)。 タイトルから何も連想せずに読んだから、あぁ、そうか。教団の話か。途中までは入って行けなかったけど、演説の部分、政治的な色々の部分の整理された情報。沢渡の伝記の部分の酷さというかグロさの書き方が強烈で、怖いけどズンズン読み進めて言った。こんなことを小説としてかけるものなのか? ツイッターの投稿がポッとでて来た後半は現代らしさがでていて面白かったが。 すごい小説だった。
読了日:09月16日 著者:中村 文則
羊と鋼の森羊と鋼の森感想
★★★★☆ 調律師のお話。作者が違うが恩田陸さんの蜜蜂と遠雷を読んだあとに読んだのでまた違った視点というか、興味があったので、すごく入っていきやすかった。 ふたごの姉妹の話の先が知りたい。少し物足りない気がするぐらいもっと読みたいと思う作品でした。
読了日:08月31日 著者:宮下 奈都
コンビニ人間コンビニ人間感想
★★★★ これを読んでいる最中コンビニに行く時すごい意識しながら観察してしまって面白かった。 白羽を囲い込んだ時がなかなか狂気じみていたが、途中でナイフで刺してやろうだとか赤ん坊を泣きやまさせる方法だとか何気にもっと狂気じみていることが所々見えるところとかすごい。 最後は再会することで生き生きするっていうね。笑
読了日:08月22日 著者:村田 沙耶香
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)君の膵臓をたべたい (双葉文庫)感想
★★★★★ ほろっと涙が出た。 彼も彼女も最後の方に書いていたように、そういう生き方を「選択」したんだという。 すごく良いお話でした。
読了日:08月18日 著者:住野 よる
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)感想
★★★★☆ 最終巻。最終巻だからか、規模の大きな内容の古書を扱う。 間が空いてしまってたので登場人物の一部がなんとなくでしか思い出せなかったが、なんとかなる。読み始めて見るとなんだかんだで次へ次へとあっさり読んでしまった。
読了日:07月03日 著者:三上 延
新・片づけ術「断捨離」新・片づけ術「断捨離」感想
★★★★☆ 読んだことないと思ってたら読んでた。しかし、モノが部屋に溢れてるので取捨選択の判断基準を考えてモノとの関わりを持たないといけないなと改めて感じる。
読了日:06月27日 著者:やました ひでこ
戦艦大和 2016年深海撮影調査プロジェクト戦艦大和 2016年深海撮影調査プロジェクト感想
少し流し読みだが。
読了日:05月29日 著者: 
陸王陸王感想
★★★★☆ 池井戸潤さんらしさ。足袋からランニングシューズ"陸王"に挑む。大企業からの圧力、嫌がらせ、それのだいたいがフラグとなって最後に回収される。
読了日:03月10日 著者:池井戸 潤
蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷感想
★★★★★ いつものファンタジーな感じとは少し違うけれど、聞いたことのないクラシックの音楽がほとんどで是非すべて聞いてみたくなる、そしてそんなコンクールの予選から本選までを見に行ってみたくなるような作品だった。亜夜を引き立てて引き立てていくその展開がすごく先を読みたくさせてくれる作品。本選の演奏部分はカットなのが少し物足りなかったが、さあこれから一音を奏でる・・・というところで。でもその方がいいのかもしれない。 登場する天才たちが皆を驚かせる展開等楽しくよめました。頭の中の風景はピアノの森で進んでいった笑
読了日:02月03日 著者:恩田 陸
この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)感想
★★★★★中巻からの続き。もちろん戦争の悲惨さも表現されているが全てがつらいわけではなく、戦争があろうとなかろうと普通に楽しく生きようとしているのですず達が描かれていたんだと思う。映画でうまく伝えられる部分、原作にしかない部分とあったと思う。両方ともなんども見返したい。そして読み返すたびにまた違った思いや感想も抱くと思う。
読了日:01月06日 著者:こうの 史代
この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)感想
★★★★★ 戦時中に普通に生きていた人の生活をだらだらと書きました。(あとがきより)とあるようにフォーカスをあてられているのは戦争をしている軍人ではなく一市民。幼少の頃からぼーっとしているすずが一度だけあったことがある(しかも覚えていない)周作さんの元へ嫁ぐことになる。ぼーっとしているので何も気にしない、気にしていなさそうなすずだが、見知らぬ土地と怖い姉などストレスを溜めて10円ハゲを作るシーンは妙に生々しく、しかし戦争があるからではない。戦時中の生活の工夫や大変さも伝えるし…下巻につづく
読了日:01月05日 著者:こうの 史代
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)感想
★★★★☆ 感想は中・下巻にて
読了日:01月04日 著者:こうの 史代
写真関係 (単行本)写真関係 (単行本)感想
★★★☆☆ 暗室ワークの際の写真が浮かび上がってくるぞくぞくとする感覚。暗室ワークもなかなか出来たものじゃないから本当に経験しないとあの感覚はわからないから共感というか感じるものがあった。口紅はふとカラーで撮らなくてはという説明の後に出てくる実際の写真。乾燥してしまっているが鮮やかな写真、カラーでと書いてくれているから白黒にない良さもわかる、ような気がする。
読了日:01月01日 著者:石内 都

読書メーター

 

また今年したいこともかけたらかこうかな。

飛行機を見てきた。

昨日の記事の続き。やっと投稿できたから続けて投稿。

 

aotataoa.hatenablog.com

 

000708790020.jpg

leica M3 summicron50 F2 

FUJICHROME VELVIA 100 

こんな感じで、すごい良いお天気で、時間も余ったことだしということで、大阪空港帰着便が見れる。千里川の土手まで行くことに。

https://www.instagram.com/p/BYlAFFejf6j/

iPhone 7

今日は電動自転車に初めて乗ったんやけども、すごいわこれ、一回乗ったら普通のチャリ乗れんなるな。

最寄りの駅から電動自転車を借りて向かう。上にも書いてある通り。ものすごい楽すぎてもう普通のママチャリには乗れなくなりそう。

 

駅から10分ぐらいで千里川の土手に到着。

 

000708790028.jpg

伊丹空港

leica M3 summicron50 F2 

FUJICHROME VELVIA 100 

 

000708790030.jpg

leica M3 summicron50 F2 

FUJICHROME VELVIA 100

米粒な感じのところから徐々に大きくなって

000708790031.jpg

000708790032.jpg

000708790033.jpg

000708790038.jpg

leica M3 summicron50 F2 

FUJICHROME VELVIA 100 

飛行機は違うけど笑、流れはこんな感じ。

 

目の前を通る迫力と轟音で、想像よりも遥かにテンションが上がる。笑

 

大きい飛行機は、良いときは5分、長くても15分間隔で飛んで来るし、それを待つ間も小型飛行機が飛んできたりして、待つのも苦にならない。(行ったタイミングが良かったのかもしれないが。)

 

 

#伊丹空港 #千里川土手 #飛行機 #轟音 #迫力満点

近くに飛行場有る方は良いポイントから写真取るのも面白いと思います。

 

また、行きたいね。

 

おまけ。

https://www.instagram.com/p/BYnhgDCjiiU/

#宝塚 #阪急電車 #夏空 #GRⅡ #ベルバラ

空の広い街

000708790001.jpg

阪急電車 清荒神駅にて

leica M3 summicron50 F2 

FUJICHROME VELVIA 100 

 

書き溜めていて、全然更新できていなかったので結構前の話なのだがやっとブログ更新する気になったので更新する。

 

先日、写真展の展示準備が終わって、ある意味モノクロで写真を取らなければという縛りから解放された。(笑)



解放されたことによって、久しぶりにカラーネガを詰めてみようかな、それともライカ以外のカメラを使って撮るのもいいな。
GR10かな。PENがいいかな。

そう思っていた矢先にトイラボさんのツイートが。

平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
現在、弊社で使用の現像機のうち、モノクロ現像機、
リバーサル現像(120フィルム)につきまして修理困難な状況
(2010年メーカー倒産により修理・部品交換が困難、別メーカー
の現像機購入は更に困難)
により8月31日で対応を終了します。

カラーネガ現像機、クロスプロセスに使用しております現像機、
35mmフィルムのリバーサル現像につきましては9月1日
以降も続けて参りますが、段階的に対応を終了します。

モノクロ現像、120サイズのリバーサル現像の
オーダーを頂いておりますお客様には、未現像フィルムの
ご返送につきましてご連絡(メール)を致します。

現像業務縮小に至りまして
誠に申し訳ございませんでした。

株式会社トイラボ

 



上記の通り、もうすでにモノクロ現像、リバーサルの120については終了で今後も段階的に終了するとのこと。

寂しいが機械的な故障等は仕方ないですね。
これを機に今まで撮ったことのないリバーサルフィルムを使ってみようということで、それならどこがいいのか、自然なところとか風景的に開けているところが良さそうだと考え、約一年半ぶりに宝塚に行くことに。

この日はGRⅡとM3の2台運用で。

今日は初リバーサルフィルム。 #リバーサルフィルム #ベルビア #velvia100

iPhone 7

ベルビア100を使ってみることに。なかなか良いお値段するし、現像まですると2500円くらいするんじゃ・・・。

201709032776.jpg

201709032778.jpg

GRⅡ

着いて早速コロッケを食す。揚げたてサクサク

000708790004.jpg

leica M3 summicron50 F2 

 

 

000708790006.jpg

leica M3 summicron50 F2 

000708790005.jpg

leica M3 summicron50 F2 

色味触り過ぎかな?こういう緑をまとった建物って良いな。

201709032783.jpg

GRⅡ クロスプロセス

000708790010.jpg

leica M3 summicron50 F2 

000708790009.jpg

leica M3 summicron50 F2 

201709032780.jpg

GRⅡ
この街はたまたま友人がゲストハウスを開業するということで一年半前に訪れたのだけれど、(上の写真。友人も大変そうだけどもげんきにやっとりました。)

201709032799.jpg

GRⅡ 

武庫川の川べり、

000708790014.jpg

leica M3 summicron50 F2 

宝塚歌劇の建物、そして阪急電車

201709032802.jpg

GRⅡ HDR調

高い建物がないことはないのだが、川べりから見ると空が開けている景色がすごくゆったりしていて心地よい。

たまに訪れたくなる場所、宝塚。またどこかのタイミングに遊びに行きたい。

 

その後、ラーメンを食べ

https://www.instagram.com/p/BYkC-Srjxiw/

 

その後時間がまだあったから大阪空港へ・・・続く。 

 

 トイラボさんツイッターにて再開を発表している。

夏の写真

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏



 

今年はこのお題、出してみよう!と思って。

mono-54-795.jpg

写真展に出す写真のためにもう一本撮ろうと思い立って撮った写真。

モノクロだけれど、木の青々しさとか光の加減とかすごくキレイに撮れた。

お気に入り。

 

aotataoa.hatenablog.comいつも写真を取りに行く公園でM3を購入して最初に取りに行ったのもここの公園だった。散歩に適しているし、池も会って寝転がれる芝生もある。

 

今回は見送ったけれど、今度大きな印画紙にプリントして見たい。

 

モノクロ以外となるとやはりGRⅡで撮った写真以外はほぼモノクロだったからGRⅡしかカラー写真はない。

 

R0028877.jpg

GRⅡ

夏のすごい暑い日に撮った神社の参道。HDR調のエフェクトかけてるから立体感が出ている。



R0028824.jpg

GRⅡ

この日は本当に暑い日で少し歩くだけですごい汗が吹き出す状態。8月11日。

千早赤坂村にある棚田を見に。想像を超える緑緑した景色。

 

 

R0028823.jpg

GRⅡ

R0028834.jpg

GRⅡ

ここでもHDR調。

R0028807.jpg

GRⅡ

淀屋橋駅近く中之島公会堂に向かう川べり。

 

 

R0028778.jpg

GRⅡ

R0028795.jpg

GRⅡ

 

R0028773.jpg

GRⅡ

夏のお花といえばひまわり!今年はハーベストの丘に撮りに行ってきた。急斜面と暑さとで撮るのは大変だった。

 

aotataoa.hatenablog.com

 

 

 

 

 

作業が終了した。

人に見られるということをめちゃくちゃ意識したわけではないし、まだまだ未熟ながらプリント作業が終わった。9月2日からとうとう出展されることになった。

mono-46-867.jpg

プリント作業が終わって、あとは少し補足のような取り決めをして終わり。

 

出展準備日程が合えば見に来る感じでいいよ、とのことで。見に行けたら見に行こう。

時間と、コストがすごくかかった。

趣味に費やすとはこういうことかと言うくらいここに費やしたかも。

おかげさまで、底をついている。笑

 

それこそ、最初はコストもかかるし、出展するイメージが全然沸かないし(現時点でも沸いていないけれど。)どうしたものか、この流れのまま出店できるのだろうかという状況だった。

でもあと少しでできるというところまで来ると、こうでもないああでもないと、少し余裕が持てる分、細かいところまで考え始めるので面白い。

今回こうなったのは、ギリギリまで作業がなかなか進まず(暗室に行く頻度が少ないのに、まだまだ手際も良くない)、余裕を持った日が1日だけだったというのもあるが。

 

そして、今回は2枚1組の組写真。テーマがあっても、2枚うまく組み合わせられるか、そしてそこからタイトルも必要、キャビネ版で候補を作るその候補数は10点は必要。

 

そこから、6切りに引き伸ばせばまた雰囲気も変わる(黒い部分がより引き立つそう)から思ってたのと違うかったり、思った以上に薄い部分が見えてきたりと。ご指摘を受けていたのに甘く見てい他部分もあり、時間がかかった。

 

取り組んでいる最中は(特に暗室は結構疲れる、甘いものが欲しくなる。笑)、大変だったけれど、終わってみると、良し悪しは別としておもしろかったなぁと。

プリント作業は今後も楽しく続けられそう。そして写真を取りに行くのも。

mono-46-844.jpg