写真と文具

写真多め、文具ほどほど

夏の写真

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏



 

今年はこのお題、出してみよう!と思って。

mono-54-795.jpg

写真展に出す写真のためにもう一本撮ろうと思い立って撮った写真。

モノクロだけれど、木の青々しさとか光の加減とかすごくキレイに撮れた。

お気に入り。

 

aotataoa.hatenablog.comいつも写真を取りに行く公園でM3を購入して最初に取りに行ったのもここの公園だった。散歩に適しているし、池も会って寝転がれる芝生もある。

 

今回は見送ったけれど、今度大きな印画紙にプリントして見たい。

 

モノクロ以外となるとやはりGRⅡで撮った写真以外はほぼモノクロだったからGRⅡしかカラー写真はない。

 

R0028877.jpg

GRⅡ

夏のすごい暑い日に撮った神社の参道。HDR調のエフェクトかけてるから立体感が出ている。



R0028824.jpg

GRⅡ

この日は本当に暑い日で少し歩くだけですごい汗が吹き出す状態。8月11日。

千早赤坂村にある棚田を見に。想像を超える緑緑した景色。

 

 

R0028823.jpg

GRⅡ

R0028834.jpg

GRⅡ

ここでもHDR調。

R0028807.jpg

GRⅡ

淀屋橋駅近く中之島公会堂に向かう川べり。

 

 

R0028778.jpg

GRⅡ

R0028795.jpg

GRⅡ

 

R0028773.jpg

GRⅡ

夏のお花といえばひまわり!今年はハーベストの丘に撮りに行ってきた。急斜面と暑さとで撮るのは大変だった。

 

aotataoa.hatenablog.com

 

 

 

 

 

作業が終了した。

人に見られるということをめちゃくちゃ意識したわけではないし、まだまだ未熟ながらプリント作業が終わった。9月2日からとうとう出展されることになった。

mono-46-867.jpg

プリント作業が終わって、あとは少し補足のような取り決めをして終わり。

 

出展準備日程が合えば見に来る感じでいいよ、とのことで。見に行けたら見に行こう。

時間と、コストがすごくかかった。

趣味に費やすとはこういうことかと言うくらいここに費やしたかも。

おかげさまで、底をついている。笑

 

それこそ、最初はコストもかかるし、出展するイメージが全然沸かないし(現時点でも沸いていないけれど。)どうしたものか、この流れのまま出店できるのだろうかという状況だった。

でもあと少しでできるというところまで来ると、こうでもないああでもないと、少し余裕が持てる分、細かいところまで考え始めるので面白い。

今回こうなったのは、ギリギリまで作業がなかなか進まず(暗室に行く頻度が少ないのに、まだまだ手際も良くない)、余裕を持った日が1日だけだったというのもあるが。

 

そして、今回は2枚1組の組写真。テーマがあっても、2枚うまく組み合わせられるか、そしてそこからタイトルも必要、キャビネ版で候補を作るその候補数は10点は必要。

 

そこから、6切りに引き伸ばせばまた雰囲気も変わる(黒い部分がより引き立つそう)から思ってたのと違うかったり、思った以上に薄い部分が見えてきたりと。ご指摘を受けていたのに甘く見てい他部分もあり、時間がかかった。

 

取り組んでいる最中は(特に暗室は結構疲れる、甘いものが欲しくなる。笑)、大変だったけれど、終わってみると、良し悪しは別としておもしろかったなぁと。

プリント作業は今後も楽しく続けられそう。そして写真を取りに行くのも。

mono-46-844.jpg

 

 

毎日ネガ関係

最近毎日ネガのスキャン、ネガファイルの移し替え(現像先からもらうファイルからしっかりしたやつへ)、ナンバリング、レンタル暗室でのプリント作業と毎日ネガを触る日々を過ごしている。



leica M3 summicron50mm f2 ilford HP5 PLUS

近くの公園にあるハニワ広場?


leica M3 summicron50mm f2 ilford HP5 PLUS

両方ともにたっぷり1時間現像のネガから。
aotataoa.hatenablog.com


作業にも慣れて来てやっと検索性も上がって来たかなというほどになってきた。

前までは苦だったが、最近は苦ではなくなってきたのは良いことかな。

今日は未スキャンのネガがたくさん出てきて、時系列ではないけどナンバリングしていこうというところまで。
カラーのネガもスキャンして管理できるようになるまでは当分この作業が続く。

たっぷり1時間

先日プリンタをしている時に聞いた現像法を試してみた。

1時間たっぷりと現像液に入れたまま放置しておく方法。もちろん現像液は通常より希釈して。

 

mono-54-789.jpg

ライカ M3 summicron 50mm F2 Ilford HP5 400

mono-53-752.jpg

ライカ M3 elmar 50mm F2.8 T-max 100 

 

うーむ。スキャンだけではなんともいえない。プリントしてみてから判断しよう。

 

mono-54-811.jpg

ライカ M3 summicron 50mm F2 Ilford HP5 400

気になるのはこの現像が少しおかしい事。

むらが出てしまったのかなぁ。ネガ巻取りにほんの少し失敗したような感覚があったからそのせいなのか。

特に全てがダメなわけではないから。ネガの巻き取りかな。

 

mono-54-807.jpg

ライカ M3 summicron 50mm F2 Ilford HP5 400

 

mono-54-795.jpg

ライカ M3 summicron 50mm F2 Ilford HP5 400

カラスがとまっていた。